Inner Communication
インナーコミュニケーション支援

「人」を育み、強く活力のある企業づくりを支援

企業経営において、従業員一人ひとりの確かな取り組みが企業発展の大きなエネルギーとなります。会社が何を目指しているのか、社会においてどう在りたいのか。企業としての理念やビジョンを共有・理解し、組織のなかで何を果たしていかなければならないのか、一人ひとりが自ら考え、行動に移していく。そんな活力のある企業づくりを、社内コミュニケーションツールの制作やシステムの構築・運営を通じて支援していきます。

主な支援サービス

社内報・グループ報

オレンジ社では、最も重要な経営ツールの一つとして「社内報・グループ報」を捉えています。
経営戦略から中期経営計画から鑑み、企業の成長フェーズに合わせ、「社内報・グループ報」で達成すべきことを明確にします。印刷やWebなど媒体の特性と機能も踏まえ、それぞれの目的に沿った構成、コンテンツ、デザインを企画。従業員アンケートなどのフィードバック分析により、そこから見える課題抽出と次号以降への改善提案を行ない、目的に適ったツールへブラッシュアップしていきます。

イントラネット構築

社内コミュニケーションを促進していく上で、イントラネット上に社内ポータルサイトを構築。社内報はじめ様々な経営情報、事業に関わる情報や、従業員間の双方向コミュニケーションコンテンツなど、会社やそこで働く社員同士の理解促進と活性化を図る社内向け情報媒体として構築していきます。また、社内の知的資産のデジタルアーカイブ化も促進していきます。

社員教育・人材教育ツール

企業発展にとって社員の成長が何よりも大きな力となります。
企業理念やビジョンを理解・浸透していく上での啓蒙ツール、事業に関わる研修ツールから研修用動画制作までシーンに合わせたツールの編集・制作を行ないます

フィロソフィ・理念・経営方針浸透ツール

会社の存在意義、自分たちは何のために働いているのか、企業としての在り方を説いたものが経営理念であり、従業員一人ひとりの行動の拠りどころとなります。それを潜在意識にまで浸透させる上で必要なツールをご提案いたします。理念手帳、社員手帳や行動ガイドブックなど、その使われ方までを意識した編集を心がけています。

社史・記念誌

企業の歴史を知ることは、自社のアイデンティティの理解を深めることにつながります。自分たちの在り方や事業の成り立ち、先人たちの知恵や努力を内外に知らしめることは、企業の未来を創っていくうえでも大切なことであると捉えています。時系列的な編集だけではなく、企業の培ってきたものを誌面上で表現していきます。

教育ビデオ・社内情報映像制作

社内コミュニケーションを促進するうえで、映像の活用は従業員の関心を大きくひきつけることができます。経営者メッセージや社内での様々な取り組みなどを紹介するビデオレターなど、イントラネット上での活用や、映像版社内報としてもご活用いただけます。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-3239-0700 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
©2014 - 2017 Orange Corporation All Rights Reaserved.