IR Communication

TOP > 得意分野 > IRコミュニケーション

IR CommunicationIRコミュニケーション

国際統合報告評議会(IIRC)による2013年国際統合報告フレームワークの発行を契機として、非財務情報やESG情報を含む、
中長期的な価値創造プロセスを提示する「統合報告」の重要性が益々高まっています。
企画・編集・デザイン・サイト構築・翻訳の各分野に通じたスタッフを揃え、貴社と投資家との対話を促進するIRツール制作を、日本語版から英語版までワンストップで支援いたします。

SERVICEサービス内容

  • 統合報告書

    成長戦略や価値創造プロセスに対する、株主・投資家を中心としたステークホルダーの理解浸透を図るという貴社の課題について、適切な構成・デザインを提案いたします。IIRCフレームワークへの対応、企画~制作までお任せいただけます。

  • アニュアルレポート

    内外の投資家に向け、国内のみならず海外の会計基準も踏まえた財務情報の発信を支援いたします。投資家に対するアカウンタビリティをしっかりと果たすために、中期経営計画などの成長戦略やESG情報といった非財務情報など、重要視されるページの企画提案もいたします。

  • 英文財務諸表

    有価証券報告書・決算短信・招集通知・コーポレートガバナンス報告書の英訳をお任せいただけます。専門知識を有したネイティブによる翻訳と、万全の体制によるチェックをもって、厳密性・整合性が求められる英文財務諸表の開示ニーズを支援いたします。

  • 株主通信

    個人株主向けにわかりやすい、トップメッセージや財務情報、事業トピックス、ESG情報の制作を支援いたします。継続した株式保有・買い増し等に繋がる、貴社と株主のコミュニケーション活性化の提案をいたします。

  • IRサイト

    決算公告や決算短信などの経営情報をタイムリーに開示する、IRサイトの構築を支援します。外部評価機関の評価に基づく改善、外国語対応、投資家の事業理解促進のためのコンテンツ提案などもお任せいただけます。

  • ファクトブック

    各種財務指標・経営数値の長期ヒストリカルデータなど、単年度ベースのアニュアルレポートを補完するファクトブックの制作を支援します。投資家理解の促進のため、データを表やグラフなどを適切に用いたデザインを提案いたします。

FLOW制作フロー

    ヒアリング
    ・与件の整理
    ・課題の抽出
    ・トレンド分析
    ・過去レポート、他社レポート分析
    ・各種開示ガイドライン対応
    企画立案
    ・編集方針策定
    ・構成案の作成
    ・プロジェクト管理ツールの導入
    原稿・素材の作成
    ・デザイン案の提案
    ・トップインタビューやステークホルダーダイアログの実施
    ・掲載データの依頼・収集、原稿執筆・リライト
    デザイン・校正
    ・表紙デザイン・本文デザイン
    ・図版やイラストの作成レイアウト・校正
    ・校正、用語統一
    ・冊子、PDF、Web等の開示媒体への展開
    英語版への対応
    ・翻訳
    ・ネイティブチェック
    ・英語レイアウト
    ・日本語との差分管理

OUR BUSINESS事業内容

外国語による情報発信に関することなら
お気軽にご相談ください。

TEL.03-3239-0700

受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)